血液透析DIALYSIS

透析室

  • ベッド22床(テレビ付き 視聴無料)
  • 透析装置22台(モニター18台、個人機4台)

入室時間

 月・水・金火・木祝日
午前8:45〜9:30
(最終返血 13:30)
午後16:0018:30
(最終返血 22:30
15:0016:30
(最終返血 20:30
14:0015:00
(最終返血 19:00
15:0016:30
(最終返血 20:30
日曜日休診
透析室1 透析室1
透析室2 透析室2
透析ユニット 透析ユニット

少人数制

患者さん一人一人に目を配りやすい少人数での治療を行い、経験豊かな医療スタッフが心温まる手厚い医療・看護を提供します。

医療連携

聖マリアンナ医科大学病院や川崎市立多摩病院、東京慈恵会医科大学第三病院など基幹病院と日頃より連携を取っているため具合の悪い時や入院が必要な時も安心です。

医療安全対策

ミスを極力低減するために透析支援システムを導入するなど医療安全対策に力を入れ、安心して通院していただける透析施設を目指しています。

ロケーション

JR南武線/小田急線 登戸駅より徒歩1分と通院に便利なロケーションです。

夜間透析

月・水・金曜日は最終入室時間が18時30分のため、仕事の後の通院が可能です。
(祝日の場合は16時30分までの入室となりますのでご注意ください。)

血液透析治療の工夫

合併症対策としてハイレベルで清浄化された透析液を使用しています。
最新の透析装置を使用して様々な血液浄化療法(透析・濾過)を行うことができます。
透析機器

シャント血管用超音波

シャント血管の評価に適した超音波装置を導入しています。
超音波装置

フットケア

定期的な足の診察と皮膚還流圧の測定を行い、糖尿病や動脈硬化による足病変の早期発見早期対応に努めています。
皮膚還流圧測定装置

送迎サービス

公共交通機関を利用しての通院が困難な方などが対象となります(当院の審査で認定された方のみ利用可能です)。

転院をご希望の方へ

血液透析は危険を伴う治療のため、治療を行う前に十分な情報と病歴の確認が必要です。当院では現在透析治療を行っている病院からの詳細な情報を確認し、当院での透析治療が可能と判断した場合のみ診察を行います。転院を希望される方は現在通院中の病院に相談し、紹介状の作成を依頼してください。
  • 現在通院中の病院・診療所より連絡がなく来院された場合、情報がなく危険な治療になるため当院で血液透析を行うことはできません。
  • 事前に情報をいただいた場合でも、患者さんの状態や当院のベッド状況によりお受けできないことがあります。

page top